2012年8月27日月曜日

通学路カラー化の第一歩


 昨年6月の定例議会で一般質問を行い、栃木県鹿沼市で登校中の6人が死亡したクレーン車事故発生を受けて、通学路のカラー化でより一層の安全対策を訴えておりました。本年度、早速実行していただきました。天神中学校と栗島小学校の間にある通学路です。(字福寺中杁付近)
運転者から見ても目視し易く、ラインだけよりも安全性が高まったと思います。 


2012年8月26日日曜日

2012年 北名古屋市総合防災訓練


 8月26日北名古屋市総合防災訓練が白木中学校にて行われました。
写真は中学生も参加して土嚢づくりの訓練です。いざという時に大きな力になってくれると思います。防災教育の一環としてその中で「共助」の大切さを実体験することができたと思います。
 今回、航空自衛隊のヘリによる救助訓練も行われました。


鹿田自治会サマーフェスタ

恒例となりました鹿田自治会の夏祭り。これだけの規模は市内でも指折りです。毎年参加者も増えてまいりました。市長が挨拶をされまして、地元の議員の一人である私もご紹介いただきました。
地域のコミュニティーの発展は災害に備えるという意味でも大きな役割を担っています。あらためて、防災訓練ともなるとなかなか参加者が集まらない実情がありますが、大勢集まる機会に一つ、ゲーム感覚でもいいので防災を取り入れると良いかとも思います。これからの課題でもあります。

2012年8月25日土曜日

2012年8月15日 北名古屋市平和記念式典

                          平和記念式典に参加。平和の使者として、長崎原爆資料館を訪れた代表中学生がメッセージを述べました。核廃絶、恒久平和を目指す使命があると。

















記念式典終了後、終戦記念日の街頭演説を行いました

2012年8月9日木曜日

「通学路の車30キロ制限」有識者提言。

8月9日の中日新聞の記事を紹介します。
6月定例会において私が一般質問に立ち「集団登下校の安全対策」について質問をしました。市の答弁については私の通信でもご紹介いたしました。また市議会だよりでもご覧頂けますので、一読いただければ幸いです。
今回の一連の重大事故を受けて全国的な安全対策を行う流れは喜ぶべきことでは有ります。記事の内容のように、通学路の安全を司る文部科学、国土交通、警察の三省庁が有識者を交えた懇談会による提言を行いましたが、早急にこういった提言を全国の自治体に反映させていただきたいと思います。地方での安全対策はハード面では予算の問題、意識の違い、地域住民の理解を得るなどそのハードルは高いものとなっています。「通学路安全対策協議会」の設置についての私の質問も、もう既に行われているから必要ないと言い切っています。根本的に私の言っていることと観点にずれがあるのです。問題点の共有が不可欠でそのうえで具体的な対策を取らなければならないと思います。通学路事故の8割が運転者の不注意が原因と言われています。通学路を通行する運転者の意識啓発が非常に重要です。まずは通学路では人優先で、人に優しいまち。北名古屋市にしていきたいものです。