2015年2月12日木曜日

新潟県妙高市から保育園児に雪のプレゼント

雪にあまり触れたことがない保育園児に思う存分触ってもらおうと、北名古屋市と新潟県妙高市の間で6年前から行われています。交流をきっかけに、両市の間では災害時相互応援協定も結ばれました。この日、保育園には妙高高原に積もった雪約20トンが運ばれ、150人ほどの園児たちが積まれた雪の上を滑るなどして雪の感触を楽しみました。







2015年2月7日土曜日

「質問力アップ」議員研修

2月2日、質問力を上げよう」というテーマで、龍谷大学政策学部准教授、土山希美枝先生に北名古屋市議会にお越し頂き、一般質問のあり方を中心に議員研修を行いました。
昨年は地方議会ついて何かとネガティブな報道がなされました。市民からは「議会は何をやってるんだ」等、厳しいご意見も頂きました。こうした厳しい状況も議会を知って頂く大変いい機会、チャンスと捉え、より一層、議会改革を進めると同時に議員力、質問力アップで議会の信頼を得られるよう努力を重ねて参ります。





若者の地方定着に向けた奨学金制度を提案

●2015年1月25日(日)公明新聞
地方の人口回帰を促すため、卒業後に地方へ就職した大学生などの奨学金返還を支援する取り組みを2015年度中にも始めることになりました。
文部科学省の調査によると、大学進学者の流入数が流出数を上回るのは東京都や京都府、神奈川県など10都府県にとどまり、37道県は流出超過の状態です。

公明党は昨年発表した政策提言の中で、地方の人材流出防止や定着促進などの取り組み強化を主張。秋野公造参議院員議員は参議院の文教科学委員会で、長崎総合科学大学を視察し造船業の人材確保について関係者の皆様と意見交換したことを踏まえ「優秀な人材を地方に確保する必要がある」として、若者の地方定着に向けた奨学金制度を提案していました。


北名古屋市安全なまちづくり推進決起大会に出席

1月28日、北名古屋市安全なまちづくり推進決起大会に出席しました。市内も交通死亡事故が多発しております。愛知県はワーストワンと言う不名誉な状況です。空き巣などの犯罪も毎日のように発生しています。十分に注意してください。保育園児が小さな警察官になって安全を訴えました。



愛知県交通安全県民大会に出席

1月14日、愛知県芸術文化センターで行われた愛知県交通安全県民大会に出席して参りました。愛知県の交通死亡事故は減少してはいるもののワーストワンは変わりありません。交通ルールを守り、交通モラルを一層高めていくことが何よりも大切ですね!

新春チャレンジマラソン

1月18日、北名古屋市チャレンジマラソンに来ています。大村知事もスターターとして参加しました。市内外から約5000人が参加しました。素晴らしい晴天で最高のマラソン日和です!


大村知事のスタートの合図でいざ!

自治会新年会に参加

2015年1月10日、消防出初式に引き続き、地元町内会の新年会に参加させて頂きました。皆さん良い顔色です (*˘︶˘*)
町内会役員さん、組長さんはじめ参加者の皆さんが、寒い中ですが集まっていただいての新年会です。グリーンシティも今や、第3世代の家族が暮らしています。同時に高齢者単独世帯も増えてまいりました。閉じこもりがちな高齢者の方にコミュニティーの機会をと、役員の皆さんが努力していただき本当に感謝です。自主防災についてなど具体的な相談も頂きました。確実に進めてまいります。


自治会役員の皆さんと

西春日井二市一町合同消防出初式

西春日井二市一町合同消防出初式に出席しました。清洲城を背に消防団の入場です。寒い中、早朝からご苦労様でした!


北名古屋市成人式に出席

2015年1月10日、北名古屋市成人の集いに出席しています。代表による「希望の灯」を点火。
人生でたった一度の成人式ですね。それぞれの希望を胸に輝く未来を祈ります!

北名古屋市商工祭

11月3日、毎年の恒例となりました北名古屋市商工祭が盛大に開催されました。議長に代わり、お祝いの挨拶をさせていただきました。
恒例のイベントで一定の賑わいはありますが、新たなアイデアでの取り組みも期待しております。北名古屋市は名古屋市のベッドタウンとして、人口増加を含めて発展の期待もされております。地域の活性化は行政だけの力では限りがあります。商工会をはじめ、各種の団体の皆さん、市民が協力をして、魅力あるまちづくりを目指していきたいですね。



豊川市シルバー人材センターを視察

来年度から北名古屋市シルバー人材センターで取り組みを開始する福祉サービスの先進地である豊川市シルバー人材センターを視察しました。
ワンコインで高齢者世帯、障害者世帯、子育て世帯など暮らしの簡単なサービスを行うものです。様々な課題も有る中、北名古屋市の独自サービスで市民のニーズにお応え出来ればと考えています。
豊川市役所

豊川稲荷商店街で懐かしい看板を発見